夫婦

国保連中央介護伝送ソフトで作業能率アップ|手続き負担軽減術

介護事業の支援ソフト

パソコンを操作する女の人

居宅介護支援や有料老人ホームなどの介護事業所は、国保連に対して介護実績を報告することが義務付けられています。国保連中央介護伝送ソフトを使用すると面倒な手作業は一切不要で、パソコンを使って介護給付金の申請を行えます。介護給付金の申請手続きは非常に煩雑で、電卓を使って手作業で申請手続きをすると膨大な時間が必要になります。表計算ソフトを使用すると計算ミスを防げますが、表計算ソフトの計算結果をもとに請求書を作成する手間がかかります。国保連中央介護伝送ソフトを導入すると面倒な手計算は一切不要になり、職員の事務負担を大きく軽減することができます。請求書も自動で作成され、ISDN回線を使って瞬時に国保連に報告できます。

介護請求ソフトとは、介護給付金の請求書を自動作成するためのパソコン用のソフトです。介護請求ソフトの正式な名称は国保連中央介護伝送ソフトであり、このソフトを使用することによって、介護事業所の事務作業を大幅に簡素化することができます。介護保険請求の事務を行っている職員は国保連中央介護伝送ソフトを使用すると、必要な数値を入力するだけでソフトが自動的に請求書の作成を行ってくれます。職員は煩雑な手作業から解放され、職員の事務負担の軽減に大きく貢献します。国保連中央介護伝送ソフトを使用すると、手作業の約5分の1の時間で介護保険請求書を作成することができ、作成された請求書はワンクリックで国保連に送信できます。

施設の特徴と選定の留意点

介護

有料老人ホームには、「特定施設入所者生活介護」「住宅型」「健康型」などの種類があります。それらの特徴や、病気になってからのことも考えて、施設選定をする必要があります。その特徴を十分に理解して入所すると、老後を安心して施設で生活できます。

More...

区内での入居施設探し

介護士と女性

大阪市天王寺区は、歴史ある街で尚且つ商業・教育施設が立ち並ぶ為、老人ホームの数自体が少なくなっています。その為、区内で入居施設を探す場合には複数形態のある民間施設や周辺地区も候補に入れることがポイントです。また、実際の施設選びでは、サービス内容だけでなく現状をよく確認し比較検討することが大切です。

More...