女の人

国保連中央介護伝送ソフトで作業能率アップ|手続き負担軽減術

施設の特徴と選定の留意点

介護

有料老人ホームとは、高齢者施設の種類の一つです。老人福祉法に基づいた施設であり、一定の年齢になれば入所することができます。その種類として、「特定施設入所者生活介護」「住宅型」「健康型」の種類があります。「特定施設入所者生活介護」とは、入所者が介護が必要な状態になっても、当該施設で提供される介護を受けながら生活を営むことができます。この施設はいわゆる「介護付き有料老人ホーム」と呼ばれる施設です。「住宅型」は介護が必要になれば、利用者の選択により外部のサービスを自由に利用し、介護を受けることができます。「健康型」は、入所者が介護が必要になれば、介護を受けることができません。よって、場合によっては退去が必要になることもあります。施設の選定にあたっては、これらの施設の特徴を十分に理解する必要があります。

先に挙げた、施設の特徴の他に、有料老人ホーム選定に当たって確認する事項がいくつかあります。まず、利用料です。利用料には、家賃や食費、光熱費、介護サービス利用料、医療費などが含まれます。しかし、施設が提示する利用料はその中の一部しか記載されていないものがあります。全ての項目および入居金について、確認する必要があります。次に病気になったときの対応です。病気になったら、家族が病院に搬送する、救急車の乗車も求められる施設が多くあります。それとは別に、本来なら施設スタッフが、十分に病院スタッフに、利用者の状態や現病歴を申し送る必要があります。そのシステムが、有料老人ホームに構築されているか確認が必要です。最後に、入院してから退院するときの受け入れについてです。短期間で退院しなければ、籍を切るといった施設もありますので、十分に注意が必要です。また、どのような状態なら再入所できるかも知る必要があります。これらを十分に理解して、有料老人ホームに入所するととても安心できます。入所後は、悠々自適で四季折々のイベントを楽しむことができ、その人らしい生活をサポートしてくれる施設も多々あります。